みちのく刑事ドラマ『田村市警察』

試験放送中お姉ちゃんがついてっぱい!
そして、もう1つ「福島魂’sファイヤー」では制作中の作品があります。
それがみちのく刑事ドラマ田村市警察』です

田村市警察

古今東西の刑事ドラマ、裁判ドラマ、フィルムノワールを研究し、
徹底的にリアルさにこだわり、衣装にこだわり、映像の質感にこだわっている
作品です。「CRIME&JUSTICE」シリーズと私たちは呼んでいます。

民放では制作できない題材も決して避けずに描き「犯罪とは何か?」
「公正とは?」「正義とは何なのか?」を問いかけ考える 1時間の
セミドキュメンタリードラマ
です。

映像としてあらゆる面に妥協を許さない制作方針もあって、
非常にじっくりと作っています。企画自体は1996年から開始され、
2000年代の社会を予想しながら構成されました。

当時は「平成の大合併」前でしたが、制作チームは来たるべき世界を考え、
「田村市」という名称を与えました。いずれ、財政・行政の面から 広域合併が
起こり、市が出来るだろうと。

周囲の人は頭から「そんな時代が来るわけ無いよ」と笑っていましたが、
数年後、 「田村市」が誕生し、行財政も予想通りの状況となりました。

また、全国的に体感治安が低下し、裁判員制度の開始、取調べの可視化、
司法取引制度の導入検討
など、時代が私たちの『田村市警察』
追いついてきた感があります。

96年当時、制作チームの一握りの人間以外、理解できなかったことが 現実になりつつあります。

それは一方で残念なことなのですが、
また一方でこういった混沌とした時代の灯台となるべく
「このドラマが必要となるときが来るはずだ」と制作し続けていましたので、
これもまた予測したとおりの推移とも言えます。

『田村市警察』の最大の特徴に「地域密着」があります。
物語の舞台も福島県、俳優も福島県民、スタッフも福島県出身者であり、
また 全国の趣旨に賛同してくれた方と制作チームを組むということです。

上記の写真のキャップやジャンパー、ワッペンなど衣装もオリジナル、
もちろんシナリオもオリジナルです。
キャストも一般公募です。 演技経験の有無は不問です。

『田村市警察』は「刑事ドラマを演じる役者さんを撮る」のではなく、
「社会の中で生きている人間を撮る」ドキュメンタリードラマなので、
完全に人物本位です。

どこからが演技で、どこからが素なのか、
どこからがドラマで、どこからが真実なのか、
それをやり切れるキャストこそが大事なんです。

いわゆるTV局やメジャー制作会社などが作れないものを作るのがコンセプト。
プロ・アマ問わず、作品本意に作っています。そういった無骨なスタイルなの
で、 毎回ロケ地に苦労しています。

ですが、
趣旨に賛同してくれたキャストのみなさんを何としてもメジャーにしたい

スタッフ一同思いを一つにして頑張っています。

こちらも年内にはPVを公開したいと思っています。
どうぞ、こちらもご期待下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree