激動の昭和史・沖縄決戦

剣龍ノ介です。

ブログタイトルの『激動の昭和史・沖縄決戦』は、

東宝作品、岡本喜八監督・新藤兼人脚本の戦争映画ですが、

ぜひ、「戦争って何?」「シリアに武力行使?」という貴方に見ていただきたい

映画ですね。戦争の本質が描かれていると思います。

実際、戦争を体験し、しかも軍隊経験がある人達が撮ったものが、

この作品くらいまでですね。

『日本のいちばん長い日』とともに、岡本監督の最高傑作と感じています。

この数ヶ月、福島魂’sファイヤーのふくしま姉魂プロデューサーと、

『沖縄第32軍高級参謀 八原博通 大佐』についてまた調べていました。

詳細は色々なサイトで数多く語られていますので、省きますが、

ふくしま姉魂の『お姉ちゃんがついてっぱい!』と、

もう1つのアニメ企画にその骨子が描かれることになりました。

『おねぱい! 戦争編』は、3年後をめどに放送しますので、

戦争について考えていただきたいと思います。

激動の昭和史 沖縄決戦【期間限定プライス版】 [DVD]/小林桂樹,加山雄三,仲代達矢 ¥2,625 Amazon.co.jp

『ネットでフクシマ語講座』放送開始!!

『福島魂’sファイヤー』総合プロデューサーの『ふくしま姉魂』です。

復興祈念番組『お姉ちゃんがついてっぱい!』試験放送第11話、

放送開始しました。



今回は『ネットでフクシマ語講座』レッスン1として、会話表現を紹介しています。

ネイティブによる明日から使える地域語ですので、どうぞお楽しみください!

これでアナタも阿武隈の民だ!

『お姉ちゃんがついてっぱい!』は震災復興支援に加えて、

もう一つの側面、『方言バラエティ』の顔も持っています。

モデルにしているのは福島県中通りの県中地域ですが、この辺りは

アクセントやイントネーションが強くなく、方言でも文意が伝わる所で

『とっつきやすい』所なんですね。柔らかい言葉が多い点も特徴です。

しばらく、こちらを試験してみようと思っています。


本来、第11話は除染についてイラストで紹介する予定でした。

シナリオやイラストも全部レイアウトまでやったのですが、どうしても

エンターテイメントとシリアスを融合したものとはなりませんでした。

サークルの内容基準を超えられなかったので、これはお蔵入りと致しました。

そこで、第12話の予定だった『ネットでフクシマ語講座』を繰り上げて

今回放送しました。

除染をモチーフにしたエピソードは、今後の物語にエキスを継承して参りますので、

そちらをお待ちください。