自分がいなきゃ現場は回らないと思ったら

自分がいなきゃ現場は回らないと思ったら、間違いの元になる。
仕事でも人間関係でも代わりは幾らでもいる。
自分がやらなければ、誰かがその穴を埋める。そう思わなきゃ。


昨日、今日とスタメンで出れても、明日は出られるか分からない。
世間はそういうもの。一生懸命やってクビになる事はあるし、適当にやって上に昇ることはある。
不完全なものに完全を求めても空しいだけ。だから、今日の仕事に全力を尽くす。一所懸命というもの。
自分の誇り、矜持として。誰に恥じることも無い、胸張って上向いて歩いていこう。
それが本当のプライドなんじゃないかと、僕は思ってます。


「この仕事は自分しかできない」「この人には自分がいなきゃ」
それは幻想であって、自分の願望に過ぎない。そうあってほしいことと、現実は違うから。
現状を分析するときには希望、願望、感情を捨てて、良い情報、悪い情報を両方並べて、
理性で判断すれば間違いは無いと思っています。
願望が入るとどんどん現実と実態は離れていってしまう。
情報を判断したら『逆算と準備』『確率と思い切り』。

代わりは幾らでもいる、それは事実。だけど、やれること、やることは一人一人違う。
同じことをやっても、おもしろいことに絶対に個人差が出てくる。
「誰がやっても同じならやらない」と悲観する必要は無いんですね。
地位(ポジション)と、実際何をやるかという行動は別物。
味は人それぞれ違うから、歴史は止まらないわけで。

なにかしら育てるっていうのは、そんな味とか良いところを見つけることじゃないでしょうか。
だから、監督なり演出するにしても、自分の持っている力を100%出してくれればそれで最高なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree