絶望しているあなたへ

8月15日を過ぎた。
日本人だけで数百万人以上が死亡した第2次世界大戦から
67年以上が経った。

世界各国の大戦における被害では死亡1億人を超えた統計もある。
絶望といえば、これほど絶望的な時代もない。

人はなぜ生きているのか。生きているとはどういうことなのか。
あの時代と現代は重なって見えてしかたがない。

一冊の本を紹介したい『夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録』。
著者はヴィクトール・フランクル、精神科医。
アウシュビッツ強制収容所を奇跡的に生き延びた人である。
家族は皆、殺された。両親、妻、子供たちはガス室で、あるいは餓死で。

もし、将来に光が見えないなら、この本を読んで欲しい。
絶望とはこういうことであり、光もまたこういうことである、
それが分かって頂けると思う。
購入せずとも、図書館にはあるはず。ぜひご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree