噂のMacブラックダイヤモンドを食べて参りました

みなさん、こんばんは!

『福島魂’sファイヤー』プロデューサーの『ふくしま姉魂』です。

限定発売のクォーターパウンダージュエリー、1000円バーガーですね。

今週もちょうど発売開始時間に通りかかったので買ってみました。

普段は閑散としている店舗が大行列、ドライブスルーから、店舗内まで。

さて、手提げ袋に入れられて出て参りました。

袋にはバーガーの入った箱とバーガーの説明書2枚、バーガーを食べる際の

紙バッグが入っていました。

ちなみに手提げ袋、箱ケース、内箱は
先週のゴールドリングと同じ物でした。

手提げ袋の持ち手に黄色いリボンがついているのも先週と同じ。

 興味おありある方は先週の記事をどうぞ。
          ↓
話題のMacゴールドリングを食してきました

箱も先週と同じ物なので割愛。パカッと開けたところから始めましょう。

このように入っております。バンズが良い色!期待を膨らませます。

飾りの黄金リング(厚紙製)を取ります。

取ったら・・・ガーン!!崩れてるー!

箱は揺らしていないし、黄金リングはバーガーに接着していないので、

これは調理がフィニッシュした際にこの姿であったのでしょう(たぶん)。

オニオンとマッシュルームがはみ出てきております。

先週のゴールドリングが開封時、完璧な状態でしたので、

若干出鼻をくじかれた感がありました。戦場のような厨房でしたし、

致し方ないでしょう。

食べるためにバーガーバッグに入れるのが少し大変でした。

食べた印象は・・・・・・「おとなしい!」。

そして、1枚切りのエメンタールチーズが唯一自己主張をしていました。

そこまでトロトロに溶けていないので、バーガーにかぶりつくと、チーズだけ

が噛み切れず、ぐいーんと伸ばして噛みちぎる、といった食べ方に。

ビーフパティはおとなしい印象。トリュフソースはあっさりめ。

トリュフの匂いはしませんでしたね。まあ、予想通りというところでしょう。

バンズが上品なブリオッシュだけにこれまたおとなしく、さらさら溶けていく。

ですので、印象としては「エメンタールチーズを食べた」以上!

そのような感覚でした。渡されてすぐに食べたのですがねー。

あ、エメンタールを責めているんではないですよ?

僕はチーズが好きで、エメンタールチーズも大好きです。

よくアメリカのカートューンアニメに出てくる『穴あきチーズ』、あれが

エメンタールチーズですから。「トムとジェリー」「チップとデール」などで

出てきてました。

前回のゴールドリングのパンチが残っていたので、

それを期待してしまったのかもしれませんね。

思わぬハードパンチャーと打ち合って、次に会ったら遠くからジャブを打つ

スタイルのボクサーになっていたような驚き。

説明書その1。A4の1枚カラーでした。

バンズ、パティ、チーズ、ソース、オニオン、マッシュルームなどの説明でした。

説明書2枚目の表紙。名刺よりやや大きいくらいの2つ折。
こちらは各部の構成とバーガー全体の説明。

生まれて2度目の食べ物レビューでございました!

以上で閉幕!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree